JA鶴岡 だだぱら店長Blog

JA鶴岡 オンラインショップ「だだぱら」店長によるコラムです。
雪若丸
0

    山形県のブランド米「つや姫」に続く、
    2018年秋に本格デビュー予定の水稲新品種「山形112号」の名称が「雪若丸」に決定しました!!

     

    雪国・山形で育った、112号のしっかりとした粒感や真っすぐ立つ稲の姿に、

    りりしさと、美しさが表れていることや、つや姫の「弟」的な存在になれるようにと、選ばれたそうです。

     

    『雪若丸』もつや姫のように、みんなに愛されるよう、育まれていければいいです!

     

     

     

     

    | dadapara | - | 17:48 | comments(0) | - |
    「 雪中軟白ねぎ 」番外編
    0

       

      「ザ!鉄腕!DASH!!」内で、地元ならではのねぎのしゃぶしゃぶを作る際に使用した

      「ねぎカッター」が、今ネット上で、 売切れ続出の事態になっているのだとか。
       

      というのも、あまりにもスイスイと圧倒的美しさで千切りにされている光景がひときわ目立っていたからです。
       

      しかし、あんなにスイスイと切れるのは、やはり「雪中軟白ねぎ」の柔らかさがあってのことらしく、
       一般的な長ねぎの場合は、もう少し力がいるようです…。

       

       

       

       

       

       

      ◆「雪中軟白ねぎ」の発送につきまして ◆

       

       ただいま、ご注文が殺到しております。
       誠に申し訳ございませんが、出荷量によっては、

      ご注文からお届けまで1週間程度かかる場合もございますので、
       何卒お待ちいただきますようお願いいたします。
       

       

       

       

       

      | dadapara | - | 14:17 | comments(0) | - |
      「 雪中軟白ねぎ 」が「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介されました!! 
      0

         

        とろとろ極甘シート育ちの「雪中軟白ねぎ」が、「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介されました!!

         

        ネギが大好きなTOKIOのリーダー城島さんが、「今まで食べた中で“一番さわやか!!”」と大絶賛!!

         

        調理方法によって、食感が変わってくる雪中軟白ねぎは、
        鍋やサラダにして大変美味しく、幅広くお料理に使える主役級の食材です!

         

        大反響により、期間限定で販売いたします!!
        雪国で育った極甘ねぎを、存分にご堪能ください!!

         

        ★商品詳細★

        http://shop.dadacha.jp/?pid=113412948

         

        ★出張DASH村★

        http://www.ntv.co.jp/dash/village/22_syuttyou/2017/0205/

         

         

         

         

        | dadapara | - | 19:53 | comments(0) | - |
        逃げるは「鬼」だが役に立つ
        0

          2月3日は節分です。

          節分といえば豆まきです。

           

          最近ではすっかり恵方巻きに押され気味ですが、豆まきをすることで、鬼(邪気)を払い、

          一年を健康に過ごせるといわれています。

          しかし、この豆まきを“する必要がない人”がいるのをご存じでしょうか?

           

           

          その人は“渡辺”さんと“坂田さん”。

           

           

          その理由は…

          まずは渡辺さん。

           

          伝承によって多少違うところがあるようですが、

           

          時は平安時代。京都の大江山を拠点に、悪事を働いていた鬼たちがいました。
          そのリーダーこそが、”酒呑童子(しゅてんどうじ)”。

           

          酒呑童子の乱暴狼藉に業を煮やした帝は、源頼光に鬼討伐の勅命を出します。
          源頼光は配下である『頼光四天王』を中心に討伐隊を組織し、鬼退治に向かいました。

           

          討伐隊はほとんどの鬼を倒しましたが、頼光四天王の一人、渡辺綱(わたなべのつな)と

          戦っていた茨木童子(いばらきどうじ)だけは逃げました。

          茨木童子は人間たちにリベンジを果たすべく、後日、渡辺綱を襲撃します。

           

          しかし、茨木童子は返り討ちに遭い、腕を切り落とされてしまいます。

          その後、茨木童子は何とか切り落とされた腕を回収しましたが、

          渡辺綱の強さは鬼の間で知れ渡り、以降、その姓の人間には近づかなくなったという話です。

           

           

           

          つづいて、坂田さん。

           

          坂田さんの由来は「マサカリ担いだ金太郎〜」の歌でおなじみの金太郎からきています。

          金太郎の物語の最後で鬼退治をした武勇を見込まれた金太郎は都からやってきた武士に仕えるということで話が終わりますが、

          その武士というのが源頼光と言われており、坂田金時と名前を改めて仕えたという話です。

           

          やはり坂田さんも鬼を退治したというところから豆まきをしなくて良いと言われているようです。

           

          つまり、渡辺さんと坂田さんは鬼を払うまでもなく、鬼の方が逃げるということ。

           

           

          「豆まきしなくていい」と言われると、少し寂しい気もしますが、

          これほど縁起の良い苗字はないでしょう!

           

           

           

           

           

          | dadapara | - | 18:10 | comments(0) | - |
          あなたの思いを届けよう!
          0

             

            「つや姫」に続くブランド米として、2018年秋の本格デビュー予定の

            「山形112号」の県民投票の真っただ中であります!

            http://www.tuyahime.jp/112go/index.html

             

             

             

             

            名称候補は以下の7点。

             

            ・明日元気(あしたげんき)
            ・スノープリンス
            ・白銀王子(はくぎんおうじ)
            ・やま若丸(やまわかまる)
            ・雪王子(ゆきおうじ)
            ・雪の瞳(ゆきのひとみ)
            ・雪若丸(ゆきわかまる)

             

             

            山形112号は、雪国山形を象徴するような白さから

            「雪」にまつわるネーミングに絞られています。

             

            「つや姫」と対になることを意識してなのか、男性的な名前が多いですね。

             

             

            応募していない私が言うのもなんですが、「太郎」の二文字が入っててほしかった!

            山形から生まれた「○○太郎!」なんつって。

            安易すぎるか? いや、親しみやすさでいえば、一番しっくりくると思う。

            意外にも、○○太郎という名前の米はありそうで、どこにもありません。

            最近は、どんどん新しい品種とネーミングが生み出されているので、決めるなら今でしょ!

             

             

            ちなみに、品種名の決め方には「極端に長いものはダメ」

            「キラキラ、ワンワンなどの擬音語、擬態語はダメ」などのルールが設けられていて、

            「漢字の読みが特殊なものはダメ」という決まりもあるのです。

             

            つまり、いま流行りのキラキラネームはつけることはできないのです!

            ここは「太郎」以外の道はないのであります!

             

             

            そして、目指すは、あのインパクトがありすぎる○uのCMの“三太郎”らのように、

            ストーリー仕立てにして、次々と、新キャラ(新品種)が誕生して、しまいには歌までうたって大ヒット!

            ハイ、一連の戦略のパクリですとも。

             

             

            …と、まあまあ、どう抗いたところで、決定は決定なのだから、最終的に選ばれた候補7点の中から、投票しようとしよう。

            これが、民主主義国家の最終的な決定にふさわしい「投票」という名のシステム、それが、この世の常ってもんよ。

             

            決して、候補7点を批判しているわけではありませんのであしからず。

            新品種誕生までの色々な方々の苦労も知らず、あしからず。

             

            ともあれ、多くの皆さんに愛されるお米になってほしい!ただそれだけの思い!

             

             

             

            山形県内にお住いの方、または、山形にゆかりのある方は、気軽に投票してみましょう!

            あなたの一票が“山形のお米”を変える!

            http://www.tuyahime.jp/112go/index.html

             

             

             

            | dadapara | - | 16:29 | comments(0) | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728    
            << February 2017 >>
            + PR
            + RECOMMEND
            + SELECTED ENTRIES
            + RECENT COMMENTS
            + ARCHIVES
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE