JA鶴岡 だだぱら店長Blog

JA鶴岡 オンラインショップ「だだぱら」店長によるコラムです。
<< 絶好鳥な一年でありますように | main | 逃げるは「鬼」だが役に立つ >>
あなたの思いを届けよう!
0

     

    「つや姫」に続くブランド米として、2018年秋の本格デビュー予定の

    「山形112号」の県民投票の真っただ中であります!

    http://www.tuyahime.jp/112go/index.html

     

     

     

     

    名称候補は以下の7点。

     

    ・明日元気(あしたげんき)
    ・スノープリンス
    ・白銀王子(はくぎんおうじ)
    ・やま若丸(やまわかまる)
    ・雪王子(ゆきおうじ)
    ・雪の瞳(ゆきのひとみ)
    ・雪若丸(ゆきわかまる)

     

     

    山形112号は、雪国山形を象徴するような白さから

    「雪」にまつわるネーミングに絞られています。

     

    「つや姫」と対になることを意識してなのか、男性的な名前が多いですね。

     

     

    応募していない私が言うのもなんですが、「太郎」の二文字が入っててほしかった!

    山形から生まれた「○○太郎!」なんつって。

    安易すぎるか? いや、親しみやすさでいえば、一番しっくりくると思う。

    意外にも、○○太郎という名前の米はありそうで、どこにもありません。

    最近は、どんどん新しい品種とネーミングが生み出されているので、決めるなら今でしょ!

     

     

    ちなみに、品種名の決め方には「極端に長いものはダメ」

    「キラキラ、ワンワンなどの擬音語、擬態語はダメ」などのルールが設けられていて、

    「漢字の読みが特殊なものはダメ」という決まりもあるのです。

     

    つまり、いま流行りのキラキラネームはつけることはできないのです!

    ここは「太郎」以外の道はないのであります!

     

     

    そして、目指すは、あのインパクトがありすぎる○uのCMの“三太郎”らのように、

    ストーリー仕立てにして、次々と、新キャラ(新品種)が誕生して、しまいには歌までうたって大ヒット!

    ハイ、一連の戦略のパクリですとも。

     

     

    …と、まあまあ、どう抗いたところで、決定は決定なのだから、最終的に選ばれた候補7点の中から、投票しようとしよう。

    これが、民主主義国家の最終的な決定にふさわしい「投票」という名のシステム、それが、この世の常ってもんよ。

     

    決して、候補7点を批判しているわけではありませんのであしからず。

    新品種誕生までの色々な方々の苦労も知らず、あしからず。

     

    ともあれ、多くの皆さんに愛されるお米になってほしい!ただそれだけの思い!

     

     

     

    山形県内にお住いの方、または、山形にゆかりのある方は、気軽に投票してみましょう!

    あなたの一票が“山形のお米”を変える!

    http://www.tuyahime.jp/112go/index.html

     

     

     

    | dadapara | - | 16:29 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 16:29 | - | - |









            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE