JA鶴岡 だだぱら店長Blog

JA鶴岡 オンラインショップ「だだぱら」店長によるコラムです。
<< あなたの思いを届けよう! | main | 「 雪中軟白ねぎ 」が「ザ!鉄腕!DASH!!」で紹介されました!!  >>
逃げるは「鬼」だが役に立つ
0

    2月3日は節分です。

    節分といえば豆まきです。

     

    最近ではすっかり恵方巻きに押され気味ですが、豆まきをすることで、鬼(邪気)を払い、

    一年を健康に過ごせるといわれています。

    しかし、この豆まきを“する必要がない人”がいるのをご存じでしょうか?

     

     

    その人は“渡辺”さんと“坂田さん”。

     

     

    その理由は…

    まずは渡辺さん。

     

    伝承によって多少違うところがあるようですが、

     

    時は平安時代。京都の大江山を拠点に、悪事を働いていた鬼たちがいました。
    そのリーダーこそが、”酒呑童子(しゅてんどうじ)”。

     

    酒呑童子の乱暴狼藉に業を煮やした帝は、源頼光に鬼討伐の勅命を出します。
    源頼光は配下である『頼光四天王』を中心に討伐隊を組織し、鬼退治に向かいました。

     

    討伐隊はほとんどの鬼を倒しましたが、頼光四天王の一人、渡辺綱(わたなべのつな)と

    戦っていた茨木童子(いばらきどうじ)だけは逃げました。

    茨木童子は人間たちにリベンジを果たすべく、後日、渡辺綱を襲撃します。

     

    しかし、茨木童子は返り討ちに遭い、腕を切り落とされてしまいます。

    その後、茨木童子は何とか切り落とされた腕を回収しましたが、

    渡辺綱の強さは鬼の間で知れ渡り、以降、その姓の人間には近づかなくなったという話です。

     

     

     

    つづいて、坂田さん。

     

    坂田さんの由来は「マサカリ担いだ金太郎〜」の歌でおなじみの金太郎からきています。

    金太郎の物語の最後で鬼退治をした武勇を見込まれた金太郎は都からやってきた武士に仕えるということで話が終わりますが、

    その武士というのが源頼光と言われており、坂田金時と名前を改めて仕えたという話です。

     

    やはり坂田さんも鬼を退治したというところから豆まきをしなくて良いと言われているようです。

     

    つまり、渡辺さんと坂田さんは鬼を払うまでもなく、鬼の方が逃げるということ。

     

     

    「豆まきしなくていい」と言われると、少し寂しい気もしますが、

    これほど縁起の良い苗字はないでしょう!

     

     

     

     

     

    | dadapara | - | 18:10 | comments(0) | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 18:10 | - | - |









          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>
      + PR
      + RECOMMEND
      + SELECTED ENTRIES
      + RECENT COMMENTS
      + ARCHIVES
      + MOBILE
      qrcode
      + LINKS
      + PROFILE